" />

2014年04月30日

アレルギーっ子の中食(加工食品を上手に使うコツ)

手作りの食事がいいのはわかっていても、毎日のこととなると出来合いのものにだって頼りたくなります。

なんでも食べられる子なら「かあちゃんは今日忙しいから、夕食はこれ食べてね」と、買ってきたものを食べてもらうことも出来ます。
とっても便利でありがたいです^^

でも、うちの次男のように、卵アレルギーでアナフィラキシーを起こすようなアレルギーっ子には、加工食品は大変危険な食べ物のことが多いので、ほんとうに気をつけなければなりません。

スーパーの陳列棚に並んでいる加工食品の90%くらいが食べられないなんて、普通はありえないことでしょう。

食べてみたいものを見つけると
「これ、僕は食べられる?」
と私に聞いてくる息子に、
「これは食べられないんだよ。別のを探そう」と言うしかないことが多くて
私もとてもつらい思いをしています。

息子が「食べてみたい」と思っているものはたくさんあります。
その一つがラーメン。

だけどラーメンの原材料には大抵卵が使われているのです。
上に乗ってるゆでたまごだけじゃなくて、なると、ハムなどの原材料として卵が入ってしまっていることが多いからです。

ところが!
あったあった♪
コンビニのラーメン♪

RIMG3693

続きを読む
posted by mam at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2013年06月14日

アレルギーっ子を守る技 (食べ物に気を配る)

現代病とまで言われるアレルギー疾患。

アトピー性皮膚炎、花粉症(鼻炎、結膜炎)、喘息、リウマチなどなど
自己免疫疾患を含むアレルギー症状を持っている人の数は
全人口の30%とも言われています(厚生労働省HPより)

子どもの頃から発症し、どんどん違う症状を併発するアレルギーマーチ。
うちの息子たちもそうでした。

長男はアトピー性皮膚炎から始まり、鼻炎、結膜炎とどんどん症状が悪化。
次男は離乳食を始める時点で、卵、乳製品、小麦、肉類にアレルギー反応がでてしまい、そのうち喘息になりました。

ほんと、まいった・・・

続きを読む
posted by mam at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2011年09月22日

運動会のお弁当 ・アレルギーっ子もOK 手作りバーガー

最近は、運動会だからって伝統的な和風お弁当ばかりじゃないでしょ?

こんな手作りハンバーガーとフルーツってのも、お洒落なお弁当になるのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)


ハンバーガー1.jpg


続きを読む
posted by mam at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2009年03月14日

アレルギーっ子のピザ

我が家の次男(もうすぐ2歳)はアナフィラキシーを起こすほどの
卵アレルギー持ちです。

長男も、卵を食べると全身に痒みが出ます。


二人とも、その他にも食材によっては痒みが出てしまうことが多いため
食材選びはすごく慎重にしています。


たまには、宅配ピザが食べたいな〜って思うのですが、
なかなかそうも行きません。


でも、先日すごくすご〜くピザが食べたくなったので、
息子たちの食べられる食材でピザを作りました。


これは、次男用のピザ。

.

ちょっと地味ふらふらだけど、お味はばっちりでしたよ手(チョキ)


生地は、買い置きしてあったナン(カレーにぴったりのアレです)のミックス粉

具は、ケチャップ・玉葱・ピーマン・トマト・アレルギー用ウインナー・
コーン・チーズ(痒くなるので少なめ)です。


蓋つきのフライパンに、ナン生地を薄く広げてケチャップを塗り、
具材をのせ、蓋をして焼きました。


蒸し焼きにしたので、野菜が柔らかくなっていて、
幼児でも食べやすかったようです。




長男用には、ツナを追加してチーズをもう少し多めにかけました。



二人ともぴかぴか(新しい)お〜いし〜ぃぴかぴか(新しい)と バクバク食べてくれました。

喜んでくれて嬉しいな〜揺れるハート




同じ具材で、ピザトーストにしてもおいしいですよ。

(卵の入っていない市販のパンもありますから)



アレルギーがあるからって、食べられないことを嘆くよりも

食べられるもので楽しむことに知恵を絞って暮らしたいなと思いますわーい(嬉しい顔)



posted by mam at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2008年05月18日

アレルギーっ子の栄養について 


バランスの良い食事ってどんなものかイメージできますか?


「何をどれくらい食べたらいいか?」ってのは
よく分からないかもしれないけど

イメージ的には、
ご飯やパン、野菜、肉、魚、卵、大豆製品、乳製品を
太らないように気をつけながらバランスよく食べるのが
いいらしいってことはご存知の方も多いと思います。


だけど、アレルギー体質の人は、食べられるものが限られていて
バランスよくしたくてもできないのが現状。


特に、たんぱく質系の食品は、難関ですあせあせ(飛び散る汗)


我が家でも、たんぱく質系の食品に反応してしまう息子がいるので
食品選びには気を使います。


そんな折、アレルギーっ子用の食材やお料理の本を読んでみて
びっくりしたことがありました。

肉団子やハンバーグ、串焼きの材料に使われているのは
カンガルー、かえる、うさぎなどの動物の肉。がく〜(落胆した顔)


正直、ちょっと抵抗があるので、これらの肉は我が家では使いません。

日本人だし、食べられる魚があればその方が体質的にいいのでは
と思うからです。



ここでちょっと豆知識。

たんぱく質は人の身体の成分の一つで、とても大事な栄養素です。

そして、このたんぱく質を作っているのはアミノ酸。
いろんな種類のアミノ酸が集まって、
いろんなたんぱく質を作っています。


人が生きてゆくために必要なアミノ酸のうち
体内で作り出すことができるものがあって、
それらは不足する心配がありません。

でも、体内で作れないアミノ酸は、食べ物などから取り入れるしか
ないんです。


そんなこと言われちゃうと、心配になっちゃう人もいるかな?


ところが、ありがたいことに、食品の中には
この「取り入れるしかないアミノ酸」をまんべんなくバランスよく
含んでいるものがあるのです。ぴかぴか(新しい)


代表的なものでは、卵、牛乳、鮭などの魚の多く、一部の肉。


卵、牛乳、肉にはアレルギー反応が出やすい人も
魚だと安心して食べられるものがあるはずです。


とりあえず、食べられる魚を見つけてはいかがでしょうか?
栄養不足や偏りが気になっている人は、
ちょっと心がホッとすると思います。


普通にスーパーで手に入る魚のほとんどに
「取り入れるしかないアミノ酸」が
まんべんなく含まれているようです。

うちの子の場合、ヒラメ、タイ、シラスは安心して食べられるので
他のものが食べられなくてもとりあえずいいかなって思っています。

あとは、フォローアップミルクなど、離乳食後半の乳児に与える
栄養バランスの良い粉ミルクで不足しがちな栄養素を補っています。
牛乳代わりに飲ませるつもりで、可能な限り利用するつもりです。


そのうちこの子もきっといろんなものが食べられるようになるさって
自分に言い聞かせながら、あせらずゆっくり息子に合った食材を
見つけてゆこうと思います。



別件ですが・・・
おなじ野菜の食材でも、生の食材を自分で調理したものと
ベビーフードとでは、ベビーフードの方がアレルギー発疹が少ない
ことがありました。


アレルギー除去食の勉強をされている保育所の栄養士さんのお話では、
ベビーフードは、家庭での調理条件と比べて食品の加熱処理の
温度が高く、時間も長いため、たんぱく質が充分分解されるから
ではないかとのことでした。


手作りにこだわらず、ベビーフードの野菜などを
試してみてもいいかもしれませんねわーい(嬉しい顔)










posted by mam at 01:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2008年04月18日

アレルギっ子のお祝い料理(洋風)




アレルギー専門家のヤマセイ(防ダニ布団)の社長さんからいただいた本。

アトピッ子のお料理ブック.jpg

これに、おいしそうなデザートの作り方が沢山載っています。


アレルギー除去のケーキの粉が手に入ったし、
下の息子の誕生日だったこともあり、
なにしろmamが、お菓子を作りたくて仕方なかったこともあり・・・

そんな訳で、息子が一番食べられそうなフルーツタルトを作ってみました。

アレルギっ子用タルト.jpg


普通のタルトだったら、フルーツの下には
カスタードクリームが入っているのですが
アレルギっ子には、そんなのは食べられません。


その代わりに、黄桃の缶詰をミキサーにかけたものと粉ミルクで作った
とろ〜りソースが入っています。


フルーツの上がけは、ゼラチンソースじゃなくて寒天で作りました。



見た目はすごくおいしそう揺れるハート



味は・・・



・・・やっぱり、イマイチですたらーっ(汗)

普段使わない素材を使っているので、味が妙です。
作った日は、それぞれの素材の味が強くて
あまりおいしくありませんでした(笑)

で、次の日、
せっかくなので捨てるのももったいないからと
食べてみたら、普通においしくなってました。
どうやら、それぞれの素材が馴染んだようです。


おぉ〜 これならいけるexclamation

家族全員同じ意見で、
二日目にはぺろりとおいしく食べられました。


肝心のお誕生日だった息子の反応はと言えば・・・

どうやらイチゴがあまり好きではないらしく
ほとんど食べませんでしたあせあせ(飛び散る汗)


彼にとっては、断然 おだんご雪だるまの方がおいしかったようですわーい(嬉しい顔)

posted by mam at 11:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2008年04月05日

アレルギっ子のお祝い料理 (和風)

春はとかくイベントの多い季節。


入学、卒業、進級、就職 etc.etc.


お祝い事にかかせない食べ物といえばケーキバースデーですよね。


だけど、食物アレルギーを持っている人には
普通のケーキは食べられないことが多いですもうやだ〜(悲しい顔)


うちにも卵と小麦が食べられない息子がひとり。

桜の季節に一歳のお誕生日を迎える息子に、
どんなものでお祝いしてあげようかとあれこれ考えました。



で、できたのがこちら。

ケーキの代わりに作った、お誕生日祝い膳です。

雪だるまだんご2.jpg


お米の粉でお団子を作り、ゴマの目をつけてみました。

食紅をほんのちょっぴり使って、紅白に仕上げています。

ちょうど、桜色に仕上がったので、桜の花もちょっと飾ってみました。

食器は、息子がお宮参りに行った神社からのいただきもので、
お食い初め用の食器です。


それから、一歳なので ろうそくを一本。


自分で吹き消すことはできなかったけど、
祝い膳を見てとっても喜んでくれて、ほんとに良かった揺れるハート


桜色の雪だるまは、あっというまに食べられてしまいましたわーい(嬉しい顔)




アレルギーがあってケーキが食べられなくても、がっかりしないで。

食べられる材料で作ったお団子だって立派にお祝いしてくれますよるんるん


お米の粉のお団子の作り方 mamバージョンはこちらから
  ご覧になれます。



posted by mam at 01:23 | Comment(6) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2008年02月04日

おいしい米パン(アレルギー除去食)



小麦を主食にするのを禁止されているmamですが、
パンが大好きなので困っていましたもうやだ〜(悲しい顔)


パンが食べたいな・・・


愛用している生協のパルシステムのカタログで、
お米の粉で作ったパンを見つけたので買ってみました。


これです。

米パン.jpg

お米の粉、砂糖、食塩、菜種油、タピオカでんぷん、ドライイースト
でできています。

卵も小麦粉も使ってないので、安心して食べられるんです。



ちょっとサイズが小さいけど、見た目は普通の食パンと一緒。

香りも一緒。

問題のお味は・・・



それが、おいしかったんです揺れるハート

ほんのり甘くて、こうばしくて。


最近はやりの、もちもち食感のパンと同じ、もちもちっとした感じでした。


とってもおいしくてすごく感激しましたわーい(嬉しい顔)


お米のパンのこと、前からちょっと気になってたんだけど・・・って方

心配いりません。


今度ためしに買ってみてくださいね。



ちなみに、mamが買ったのは

エルフィンインターナショナルさんの商品です。

http://www.elfin-komepan.jp/ わーい(嬉しい顔)
posted by mam at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2008年01月31日

食物アレルギー (対応除去食に関する情報)


食物アレルギーのある方はみなさん同じだと思いますけど
食材を確保するのが結構大変じゃありませんか?

野菜ならわりと手に入りやすいですけど
野菜だけじゃねえ。

炭水化物だって、調味料だって、たまにはお菓子だって欲しいですもの。


我が家の場合は、卵と小麦アレルギー対応食材が必要なんですけど・・・

これまでも、なんとなく原材料を確認して食材を選んでいたmamですが、
あらためてじっくり見てみると、「ちょっと困ったふらふら」と思うくらい
ほんとにいろんな食材に入ってるんですよね〜。


野菜ならと思っていても、野菜でも発疹が出ちゃう場合もあって
「なにを食べさせたらいいの?」ってほんと困っちゃう。

というか、不安でいっぱいになっちゃいます。



でもね、いいもの見つけましたわーい(嬉しい顔)

世の中には、ちゃんと見方をしてくれる人たちがいるんですね。

そんな方々のうれしい情報をお知らせいたします揺れるハート



@アレルギー反応を起こしやすい食品と起こしにくい食品の一覧表

東京医大式食物抗原強弱表といいます。
アレルギー持ちの赤ちゃんの離乳食などは
これを目安にすすめるといいのではないでしょうか?

http://www.mogumogu.jp/recipe/kougenhyou.htm


A食材-1

辻安全食品さんのHPです。
この会社は業界No.1なのだとか。

http://www.tsuji-a.com/tuji/


B食材-2

「もぐもぐ共和国」というネットショップです。
アレルギー&アトピー対応の商品や情報満載です。

http://www.mogumogu.jp/


Cパルシステム

生協の宅配パルシステムには、アレルギー除去食のカタログがあります。
mamはこれをいつも愛用しているのですが、
「もぐもぐ共和国」でも販売されているお米の粉で作ったパンなどを
売っていますよ。

http://www.coopnext.com/flash_sample/pp/index.html


B防ダニ布団
 
食物アレルギーがあるとダニアレルギーにもなり易い傾向があるのだとか。
「もぐもぐ共和国」でも紹介されていますが、防ダニふとんと言えば
業界No.1なのがヤマセイの「防ダニふとんダニゼロック」

http://www.yamasei.co.jp/danizerock/index.html


業界No.1とは知りませんでした・・・(社長がく〜(落胆した顔) ごめんなさい!)

実はここの若社長、dad(&mam)の友人なのです。
アレルギーの知識は豊富で、世界をまたに学会発表をしている方です。

辻安全食品さんを教えてくれたのも彼です。


mamの子供のころと違って、
今はアトピーとかアレルギーの人ってわりと多いですね。

除去食もずっと増えているし、通販などもあって
ある意味手に入りやすくなっていると思います。


手助けをしてくださる方を見つけて、
力をお借りしながら頑張ろうと思います手(パー)わーい(嬉しい顔)
posted by mam at 16:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2008年01月17日

食物アレルギー


9ヶ月になる息子が、わりと強い卵白アレルギーだったことがわかりました。
小麦にも少し反応が出ています。


卵が食べられないとなると・・・

市販品の多くのものが「だめ」ふらふらってことになります。

卵の姿や味は影も形もないのに、入ってるんですよね卵白って。


卵ってほんと便利な性質を持ってますから。

ふわっとさせたり、接着材の役目をしたり、つやを出したりね。


小麦を気にしたら、ベビーフードの多くもだめです。



おふくろ塾を立ち上げたのだし、
昔の人がしていたように、食べるものは自分で作りなさいって
神様にいわれている気がします。あせあせ(飛び散る汗)


そんな訳で、おふくろ塾の食育分野に、
食物アレルギー対策料理なんてのも入れていこうかな〜と考えています。




mamだって、毎日全部手作りしてるわけじゃないです。

市販品はたくさん使います。

それらが使えないなんて・・・がく〜(落胆した顔)

と、アレルギーが分かってから数日はブルーだったのですが、

かなり元気を取り戻してきました。



「アレルゲン除去食」なんて、むずかしい怖そうな言葉を
使わなけりゃいいんです。

要は、卵を使わなけりゃいいってだけのことじゃありませんかexclamation



で、dadがいいことを思いつきましたひらめき

「飲み屋のつまみ系料理なら、いいんじゃん?」


・・・・確かに、そうかもしれませんるんるん



mamは料理のレパートリーが少ないので、

これから「つまみ系」の料理をちょっと勉強しようと思います。

手軽においしくできるものを見つけたら、お知らせしますね揺れるハート

posted by mam at 22:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食物アレルギー