" />

2014年09月10日

食を見直そう! かあちゃんパン

体のことを考えたら、血糖値がば〜んと一気に上がりやすい白いパンより、全粒粉を使ったパンの方がいいと言われています。全粒粉とは、小麦の外皮までいっしょに挽いて粉にしたもので、ドイツパンや茶色っぽい食パンなどがそうです。

だけど、全粒粉のパンはパン屋さんでも品数が少なく、仕事帰りでは買うことも出来ない日が多いです。面倒くさいので、自分で作っています。
パンというよりホットケーキに近いです(笑)
これ、うちでは「かあちゃんパン」と呼んでいます。

続きを読む

2014年09月04日

季節のホントの味 栗ご飯

最近お世話になっている北本市のプラム農家さんが作った栗。

農作物特売所に陳列されていたのを見つけて、思わず即買です♪

続きを読む

2011年09月26日

運動会のお弁当 ・ 太巻き寿司


お弁当シリーズで、運動会に持って行けそうなレシピを
ご紹介しています。

本日は太巻き寿司


写真つきの作り方はこちらの記事
参照してくださいね。
続きを読む

2011年03月25日

鍋でご飯を炊く方法2



むか〜しむかし
どこの家庭でも
ご飯をお釜で炊いていた頃のお話です。

「はじめチョロチョロ中パッパ赤子泣いても蓋とるな」

ご飯を美味しく炊くコツがことわざとなり
それぞれの家庭で受け継がれていました。


遠い昔、my母がお釜でご飯を炊いていたときは
たしか、こんな手順だったと思います。

・お釜に入れたお米をよく研いで、目分量で水を入れる。
・かまどに火をくべてお釜をのせたら
 釜底全体に炎があたるくらいに火力を調節する。
・そのうち中の水が沸騰してぶくぶくしてきて
 蓋の隙間から湯気を立てて吹きこぼれる。
・ここで絶対に蓋を開けてはいけない。
・中の水分がすべて吹きこぼれたら、かまどから火を出し
 余熱で十分に蒸らす。

まさに、「はじめチョロチョロ中パッパ・・・」のことわざ通り。
こんな伝え方もおふくろさんの智慧なのでしょうね。
日本文化ってすごいな〜。


ってなわけで、鍋になってもコツは一緒。
水加減、火加減、蒸らしが大切です。

さすがにmy母のように目分量ではできないので
しっかり計りながら作ってみましょう。


<材料>
お鍋 ・・・ ステンレス製、土鍋、鋳物など

      密閉性のよいものの方がいいと思います。
      よく蒸らせないと、お米の中心が硬いままに
      なってしまいます。(芯が残るといいます)
      
      私のは、ステンレス製の片手鍋です。

お米 ・・・ 白米 2合

水  ・・・ 普通の水 360ml

計量カップ、タイマー



<炊き方>

@計量カップでお米を2合計って鍋に入れる。
  ※ 1合 = 180ml
 

A鍋の中でお米を研ぎ、出来るだけ鍋を傾けて水を切る。
  ※私は面倒臭がりなので、お米を研いだらザルにあげる
    なんてことはしません。
    
    ちゃんとやりたいという方は、
    炊く30分前にお米を研いで
    ザルにあげてよく水を切っておくといいでしょう。


B計量カップで水を360ml入れる。(少し堅めに炊き上がる)
  ※水はお米の同量〜1.2倍が目安。
    何度か試してみてご自分の好みの硬さに
    炊き上がる水分量を調節してください。

  ※浸水時間
    白米は30分くらいがベストですが
    15分くらいでも大丈夫です。
    胚芽米、発芽玄米は白米より少し硬いので
    30分くらいは欲しいかも・・・
    
    玄米の場合はお米の1.4〜2倍の水に
    一晩(少なくとも3〜4時間)くらいつけてから
    炊いてください。

    でも、そんなに神経質にならなくても大丈夫。
    私は寝る前に仕込んで朝に炊くことが多いです。 


D鍋にふたをして中火にかける。


E沸騰してきたらごく弱火にして10分加熱する。
  ※ 弱火にしないと吹きこぼれます。
     鍋で炊く場合は吹きこぼさないように
    火加減に注意して下さい。

  ※ 弱火加熱時間の目安は以下のとおりです。

    <白米、胚芽米、発芽米>   <玄米>
        1合 : 8分       
        2合 : 10分       3合 : 40〜50分
        3合 : 12分
        4合 : 14分          (4人分)
        5合 : 16分
        2合 : 10分
        3合 : 12分
        4合 : 14分
        5合 : 16分

F火を止めて10分間蒸らす。



これだけです。簡単でしょ?


是非お試しくださいね。


  

2011年03月23日

鍋でご飯を炊く方法 1

計画停電をきっかけに
自宅での節電をよ〜く考えるようになりました。

真っ先に思いついたのが
炊飯器を使うのをやめてみたらどうだろうということ。

うちの主食は米。
毎日朝からガッツリ食べます。
で、いつもタイマー予約を使って朝ごはんに間に合うように
炊飯器で炊いていました。

でも・・・
タイマー予約を使って電気の火力だけでご飯を炊くなんて
ものすごく電気を浪費している・・・と思ったのです。

○昔は炊飯器なんて無かったわけだし。
○私が毎日使っているステンレス製の鍋は
 ご飯も炊ける仕様のはず。
○うちのスタッフも毎日土鍋で炊いているって
 言ってたし・・・

そんな訳で、311大震災以降、
早起きして鍋でご飯を炊いています。

最初の数回は、水加減が分からなくて
べちゃべちゃになったり
ご飯の甘さが出なかったり・・・

でも、dadの的確なアドバイス
「飯盒で炊くときは、米と水は同量だよ」
「はじめチョロチョロ中パッパなのだから
 沸騰までの火力を弱めてみたら?」
などを素直に取り入れた結果、

今は、ほ〜ら こんな具合!!

炊飯1.jpg

炊飯2.jpg

おむすび仕様の硬さ加減の
美味しいご飯を炊けるようになりました。

ところどころ茶色いお米が見えますが
これは、発芽玄米です。

結構簡単です。
で、美味しいです。
しかも、電気をずいぶん節約できます。

やってみたい!!と言う方
次回、炊き方をアップしますので試してみてくださいね♪




2009年02月07日

究極の手作りチョコレシピ4(生チョコトリュフ)ファイナル

それでは仕上げに入りますわーい(嬉しい顔)


Iよく冷やし固めたHのラップを取り、
 包丁で好みの大きさに切り込みを入れる。

生チョコ14.jpg


Jラップにココアをふるっておく。

生チョコ15.jpg


Kナイフの先をチョコの底にそっと入れて
 すくい取り、別のラップに乗せて
 きゅっと丸める。

生チョコ16.jpg


L KをJのふるったココアの上において
 ラップを持ってコロコロと転がすようにしながら
 ココアを全体にまぶす。

生チョコ17.jpg


M最後に形を整えて、アルミカップを少し広げて
 上からかぶせる。

生チョコ18.jpg

生チョコ19.jpg


Nひょいっとひっくり返して出来上がり。

生チョコ20.jpg


O生チョコトリュフをつぶさないように
 蓋つきの容器に入れて冷やし固める。
 6時間くらい経てば、ココアが馴染んでおいしくなる。



※ 注意

 持ち歩くときは、保冷材をつけることを忘れずに。
 
 プレゼントしてすぐ食べてもらえないときは、
 保冷材ごとお渡しすると良いと思います。



ひらめきここまでの大切なポイント>


※生チョコを容器から出して包丁で切るときは
 ギコギコと包丁を動かしても切れないので
 上から押さえるようにするといいです。

 一度切るごとに、キッチンペーパーなどで
 包丁をきれいにふき取っておいた方が
 切り口がきれいです。

 切込みを入れたままの四角い生チョコに仕上げてもきれいですよ。

 手で持つと折角の形が台無しですから
 必ずナイフなどで、底からすくい取るようにしてくださいね。


※なめらかに仕上げるために、
 ココアは必ず、ふるってから使ってくださいね。


※まぶしつけるココアは、たっぷりめがいいです。


※出来上がってから、mamはいつも翌日まで冷やして置きます。
 そうすると、ココア全体が湿ってしまっていることがあるので
 そんなときは、上からそっとココアをふるいながらかければ
 大丈夫です。


※作業をしているうちに室温で、それから体温で
 生チョコは溶けて柔らかくなります。

 仕上げに時間がかかりそうだな と思ったら
 生チョコは少しずつ分けて仕上げるつもりで
 残りは冷蔵庫に入れておくことをお勧めします。



ぴかぴか(新しい)とっておき情報ぴかぴか(新しい)

生チョコトリュフレシピを最後まで読んでくださってどうもありがとう揺れるハート


今回 「勝負パンチ」をかけようと思っている方へ

よりおいしく仕上げるために、是非これを使ってみてください。

そこら辺の既製品(売ってる商品)になんか負けませんよ。

生チョコ22.jpg


★ ラム酒の代わりに、ゴディバリキュール
 
 チョコレートといえばゴディバという認識をされている方も
 多いと思います。

 それだけ世界的に有名なチョコレート。

 その名を冠したリキュールです。

 ラム酒と劇的に違うかって言うと、そんなでもないですけどあせあせ(飛び散る汗)

 でも、なんとなく大人っぽい味になります(気分かな?)


 これは今まであまり売っていなかったのですが、
 今年は大手スーパーのバレンタイン商品コーナーでも見かけました。

 酒屋さんよりも大手スーパーの洋酒売り場に置いてあることが多いです。



★ ココアは、バンホーテン

 きめがすごく細かくて、苦味が少し強いです。




後は、あなたのセンスで素敵な演出をしてくださいね。


「幸運の生チョコトリュフ黒ハート」でありますように手(パー)わーい(嬉しい顔)

2009年02月05日

究極の手作りチョコレシピ3(生チョコトリュフ)




それでは、つづきを始めますわーい(嬉しい顔)



E Dが出来たらそのまま室温程度になるまで冷ましておく。



F残りの生クリーム100ccをボールに入れ、
 砂糖大さじ2を加えて泡立てる。

 (分量が少ないので こんな風にボールを斜めに
  持つとやり易いです)

生チョコ9.jpg


 泡立て器ですくって、ボールにトントンと叩きつけないと
 落ちない程度に、硬くなるまで泡立ててる。

生チョコ10.jpg


GFをEに加えて泡立て器でよく混ぜたら、
 ラム酒を小さじ1加えて、更によく混ぜる。

生チョコ11.jpg


H蓋つきの容器に、ラップフィルムを敷き、
 Gを流しいれて冷蔵庫で1時間以上冷やす。
 
 (急いでいる方は、1時間くらいでも大丈夫だと思います)

生チョコ12.jpg


生チョコ13.jpg



ひらめきここまでの大切なポイント>

※生クリームはよく冷えていないと硬く泡立てることが困難ですもうやだ〜(悲しい顔)

 泡立てる分の生クリームは、泡立てる直前まで、
 冷蔵庫で冷やしておいて下さい。

 うまく出来ない方は、氷水でボールの底を冷やしながらやると
 上手に出来ます。

 動物性生クリームは、植物性生クリームほど硬く泡立てることが
 出来ません。いつも植物性を使っている方は、思ったより硬く
 ならなくてもがっかりしないでね。


※生クリームは折角硬く泡立てても、
 熱いものを加えると弛んでしまいます。

 チョコレートダネは必ず室温程度まで冷めたものを
 加えるようにしてください。


※このタネはすごく柔らかいです。
 冷蔵庫でよく冷やすと、次からの作業がやり易いのですが
 「時間がないのよ〜あせあせ(飛び散る汗)」って方は、ある程度まで冷えていれば
 大丈夫だと思うので、やってみてください。
 先日、1時間くらいで作って見たら、出来ました。

 mamの場合、子供が寝静まった夜に作ることが多いので
 そのまま翌日の夜まで冷やしっぱなしですたらーっ(汗)



それでは、今日はここまで

See You手(パー)わーい(嬉しい顔) 


2009年02月04日

究極の手作りチョコレシピ2(生チョコトリュフ)

究極の手作りチョコレシピ2(生チョコトリュフ)


おまたせしました。

それでは、作り方に入ります。



<生チョコトリュフの作り方>


@板チョコは2枚とも、包丁でこんな感じに刻む。
 (めんどくさがって手で割ったくらいで済まそうと思うと
  後でひどい目に遭います)

生チョコ2.jpg


A耐熱性の容器に生クリーム100ccと@の刻んだチョコレートを入れ
 電子レンジで60〜70℃くらいに温める。
 
 (温度設定のできない電子レンジなら、20秒前後温めてみてね。
  チョコが溶ければ大丈夫です。)

生チョコ3.jpg


Bチョコレートが完全に溶けるまでゴムベラでよく混ぜ合わせる。
 ゴムベラで底からすくって容器のふちにくっつけたときに
 チョコレートの塊が残っていれば、もう一度温めなおして
 よく溶かす。

生チョコ5.jpg


C容器の底からすくってみたときに
 チョコレートの塊がないことを必ず確認する。
 
生チョコ6.jpg


Dできたら、アーモンドプードル35gとココア大さじ2を加えて
 よく混ぜる。
 
 (この時、なめらかなトリュフに仕上げるために、
  ココアは必ずふるってから入れてください。)

生チョコ7.jpg 



出来上がりはこんな感じ。
けっこうゆるゆる(やわらかい)です。

生チョコ8.jpg



ひらめきここまでの大切なポイント>

※ 板チョコを刻まないで溶かすと、なかなか溶かしきれずに
  いつまでも塊が残ってしまって、すごく時間がかかります。

※ チョコレートを溶かすとき、小さい塊だからって
  塊を無視して作り通すと、最後食べたときに
  「チョコチップ入り生チョコ」になってしまい
  せっかくの生チョコの触感が台無しになりますので
  気をつけてね。

※ ココアには、硬い小さな塊が、わりと沢山入っています。
  「生チョコ」は触感が命ですので、ちゃんと茶こしでふるい落として
  使ってくださいね。



長くなるので、今日はここまでですわーい(嬉しい顔)

See You手(パー)

2009年02月01日

究極の手作りチョコレシピ1(生チョコトリュフ)

あっという間にもう2月。

そろそろプレゼントバレンタインデー黒ハートの準備かな?


手作りはちょっと自信ないけど、作ってみたいな〜

って思っている方に、

mamがとっておきの「手作りチョコの作り方」を伝授いたしますわーい(嬉しい顔)



ほ〜ら いかがですか? こんな感じです。

生チョコ.jpg


板チョコを溶かして固めなおすような
手作りチョコとは一味違いますよ。


見た目は地味ですけど、なんてったって「トリュフ」

しかも、「生チョコタイプ」ですからexclamation×2



めずらしいし、美味しいので

是非一度お試しくださいね揺れるハート



作り方は簡単なのだけど、固めるのに時間がかかります。

トリュフの素を作って冷蔵庫で一晩冷やし固めたら
翌日、形を整えて仕上げるって段取りをすると
うまくいくと思います。


実は、この生チョコトリュフ、仕上げてから
もう一日冷蔵庫で寝かせたものが食べ頃。

材料の味が馴染んで、とびきり美味しくぴかぴか(新しい)なります。




いつものように、シリーズでお届けしますのでお付き合いくださいねわーい(嬉しい顔)




生チョコトリュフ (直径2cmくらいのもの20個分くらい)

※材料は、mamイチオシのものを使っていますが、
 ブランドは何でもいいと思います。

 ただし、ココアはミルクと砂糖が入っていない
 きめの細かい純正ココアを使ってください。

 チョコレートは昔からある普通の板チョコなら
 ブラックを使っても平気です。
 でも、流行の「カカオ80%」などを使うときは
 砂糖の量を増やした方がいいと思います。
 (どれくらいかは検討してないので分かりません)


<材料>

明治の板チョコレート 2枚(mam的にチョコレートは明治るんるんです)

動物性生クリーム   200cc(植物性ではコクがでません)

Home Made CAKE のアーモンドプードル 1袋(35g)
(これはアーモンドの粉です。砕いてあるものじゃありません)

Home Made CAKE のココア 1袋(小さいので充分です)
(ここから大さじ2をトリュフの中に、
 残りをトリュフのうわがけに使います。)

砂糖 大さじ2

ラム酒 小さじ1

生チョコ1.jpg


<道具>

レンジにかけられる大きめの器 1コ 
(底が丸いものが使いやすいです。耐熱ガラスのボールや
 キャセロールの器がベスト。
 なければ、ラーメンのおどんぶりでもいいかも)

中〜大のボール 1コ

泡立て器 1コ
(生クリームの量が少ないので、電動式のは使えないかも)

ゴムベラ 1コ

計量カップ 1コ

計量スプーン 大1コ 小1コ

茶濾し器 1コ
(トリュフにココアをかけるのには欠かせません)

蓋つきの容器
(平たくて大きい四角いものが使いやすいですが
 なければお弁当箱などでも大丈夫です)

ラップ

トリュフを入れるアルミケース

プレゼント用の箱
(今ならロッテの赤い板チョコ1枚につき1個
 ピンクのケースがもらえます。

 冒頭の写真のケースがそうです。

 mamはケースが貰いたくて、ロッテの板チョコを1枚
 そのまま食べるために買いましたあせあせ(飛び散る汗)
 
        
                      以上


今日のところはここまでです。


さ〜 おうちに無いものを買いに行きましょう手(パー)わーい(嬉しい顔)

2007年10月26日

月見団子レシピ2

毎度のことですが、大変お待たせしておりますあせあせ(飛び散る汗)

それでは月見団子の作り方、始めますねわーい(嬉しい顔)


<材料>
上新粉・・・・・2カップ
熱湯 ・・・・・300ccくらい
茹で湯・・・・・2Lくらい

<作り方>
@鍋に2Lくらいの水を入れ、煮立たせておく。
Aボールに上新粉を入れ、箸でかき混ぜながら熱湯を少しずつ注ぎ入れてよく混ぜる。

お団子2.jpg

 むかっ(怒り)水で作るとものすごく硬いおだんごになっちゃうので必ず熱湯を使ってくださいね。

B上新粉は水分を含んでぽろぽろの塊になるので、熱さに注意しながら
手でひとまとまりにする。

お団子3.jpg

Cぼそぼそ感がなくなるまでちょっとこねる。

D上新粉の塊から指を離したとき、指の方に粉がねとっと付いてくる場合は
水分が多すぎるので、粉を足すとよい。
上新粉が残っていない場合は、あきらめるもうやだ〜(悲しい顔)

お団子4.jpg

E好きな大きさにちぎって丸める。

Fこれは、どろだんご作りの得意な息子の手手(パー)

お団子5.jpg

Gぐらぐら煮立った鍋におだんごを入れ、たまに箸でかきまぜながら茹でる。
茹で時間は約10分くらい。

お団子7.jpg

H底にしずんでいたおだんごがふわふわと浮き上がるようになったら
出来上がり。

お団子8.jpg


お皿に揚げて水分を飛ばしてから、
盛り付けたり串に刺したりとたのしんでみてねるんるん


上新粉をまわりにちょっとまぶしておくと張り付かなくていいですよ。

でも、あんこや甘辛ダレの付けたい人は、上新粉が付いていない方がおいしいかも・・・


それじゃ、またね手(パー)わーい(嬉しい顔)