" />

2014年02月04日

卵を使わないエビフライの作り方

私だって加工食品は利用しますよ。

栄養士ですけど、だからって出来合いのものは全く食べないなんてこと、ありません。

加工食品・・・たとえばエビフライ。
たいていの市販品は衣に卵が使われているので、卵でアナフィラキシーを起こす息子にはアウトなんですが、たまたま「冷食」で卵の入っていないやつを見つけたので買ってみました。

揚げている間に、「スポッ」としっぽが抜けた・・・

1402エビフライ.gif続きを読む

2011年10月01日

秋の味覚 ・ いくら丼

きた〜exclamation×2
きましたよ〜exclamation×2

9月〜10月にかけての
ほんの短い間の秋の味覚のひとつ

ぴかぴか(新しい)いくらぴかぴか(新しい)


いくら丼1.jpg



続きを読む

2010年06月11日

初夏の食べ物 (そらまめ)

春から夏にかけて、

暑くなって来たなと思う頃に見かけるものの一つ。


そらまめ1.jpg


初めて「さや入りのそらまめ」を剥いてみたとき

それはそれは感動いたしました。





なんて美しいのでしょうハートたち(複数ハート)


お豆の表面がこんなにすべらかだったなんて…


そらまめア.jpg


なんてゴージャスなのでしょうぴかぴか(新しい)


こんなにふかふかのベッドに横たわっていたなんて…



そらまめイ.jpg




本当に自然の神秘を感じました。






「そらまめ」の名前の由来は、

空に向かって伸びることからついたそうです。


近所の畑で見つけましたよ。


そらまめ2.jpeg


ほらね

確かに、空に向かってグッド(上向き矢印)伸びているでしょ。



四季折々のおいしい食材。


見方を変えればとても素敵なものが見えるかもしれません。




そんな、「自然美」を味わえることも


日本に生まれ育った幸せの一つだと思います。



2009年12月29日

黒豆を上手に煮る方法

黒豆1.jpg

お正月にはつきものの黒豆。


自分で煮ても上手に出来なかったので敬遠しておりました。


ですが、どうしても作ってみたくて、久しぶりに挑戦exclamation

奮発して、ちょっと高い黒豆を買ったのですが、
その豆についていたレシピは、今までの「豆」の煮方とは違っていました。


折角の高級豆、失敗なんかしたくない・・・

レシピどおりに作ってみたら、

とってもとっても美味しく上手に出来上がりました揺れるハート



とっても簡単だったので、作り方をみなさんにもお伝えしようと思います。





< 材料 >

黒豆   200g(スーパーで売っている一袋分)
水    800cc
砂糖   200g
しょう油 小さじ1と1/2
塩    小さじ1/2
重曹   小さじ1

落し蓋  鍋の直径ぴったりがいいです。
     もし無ければクッキングシートで代用してください。

黒豆8.jpg


     鍋の直径サイズに切って、それを3つ折りくらいにして
     ところどころはさみで切込みを入れるといいですよ。


黒豆7.jpg



< 作り方のコツ >

 ・豆は煮汁でゆっくり戻すこと
 ・煮汁がぐらぐらと沸騰しないようにすること
 ・気長にゆっくり加熱すること
 ・豆が空気に触れないようにすること


 
 ※ 仕込にも時間がかかります。

 
 もしも週末がお休みなら、
   
   金曜の夜、寝る前に仕込んで
   土曜の朝から煮て、そのまま味を馴染ませ
   日曜に食べる

 ってのが一番おすすめです。



< 作り方 >

@ 鍋に水・砂糖・しょう油・塩・重曹を入れて火にかけ、煮汁を作る。


A 菜箸などでなべ底の砂糖を混ぜながら溶かす。


B 沸騰したら火を止める。


C 黒豆をさっと洗って、Bの煮汁に入れる。

黒豆2.jpg


黒豆3.jpg



D 落し蓋をのせる。


E 煮汁の温度を上げるために、再度火をつける。

  煮汁が沸騰したら(しゅわしゅわと細かい泡が鍋の内側につく)
  すぐに止める。 


F そのまま蓋をして6時間以上置く。
  (もし鍋カバーなどがあれば掛けて置くと保温力が高まってよりGOOD!)

  このまま一晩くらい置いておくと、ぷっくりふんわりとした豆になる。





  ※一般的に、乾燥豆は水に浸してから煮て、後から味をつけますが
   黒豆は味の付いた温かい煮汁に浸す方が上手に作れるそうです。




G ふきこぼれやすいので、蓋を取って火にかけ、沸騰したらとろ火にする。


黒豆4.jpg



H 煮汁がぐらぐらしないように注意する。
  煮汁が少なくなって豆が空気に触れるようなら水を足し、5時間くらい煮る。
  途中でアクが浮いてきたらおたまですくい取る。


黒豆5.jpg
 


I 豆が好みの柔らかさになったら火から降ろし、そのまま冷ます。


J 冷蔵庫で保存する際も、煮汁から豆がでないように、
たっぷりの煮汁ごと保存する。



ほら見て〜揺れるハート 美味しそうでしょ〜ぴかぴか(新しい)

しわが無くてプリプリだし、皮も破れないんですよるんるん


黒豆6.jpg


  日増しに味が馴染んで、美味しいお豆になります。



  この作り方なら、スーパーで普通に売っている黒豆でも
  美味しく上手に煮られます。

  (豆を選ばなくても大丈夫ってことです手(チョキ)



  ぜひお試しくださいねわーい(嬉しい顔)  

  

  


 

2008年02月10日

おいなりさん (稲荷寿司)



突然ですが・・・

おいなりさん1.jpg

皆さんのお宅で作る「おいなり」さんってどんな形ですか?



mamの実家では、いつも細長い形で作ります。

おいなりさん2.jpg

母が、この方が食べやすいからと言って、ずっとずっとこの形です。



自分で作るようになってみると、作りやすいのは俵型なので、
必ずしも細長くは作らなくなりましたけど
なんとなく細長い方が母の味がするような気がします。


細長いのは、作ってすぐは、へなへなして食べにくいです。

ご飯がしまってちょうどいい硬さに落ち着くまでに
ちょっと時間がかかります。

朝作ってお昼に食べるのがちょうどいいわーい(嬉しい顔)


うちのおいなりさんの作り方のコツを以前のブログで紹介しています。

よろしかったら手(パー)ここをクリックして覗いてみてくださいね




家庭料理の魅力の一つ

「一目見ただけで作った人が分かるぴかぴか(新しい)



そんな得意料理が持てたらステキだな黒ハートと思いますわーい(嬉しい顔)

2007年11月12日

ひき肉を使った料理レシピ7(簡単肉団子)

はい、それでは肉団子の仕上げに入ります。

ひき肉を使った料理レシピ6の続きですわーい(嬉しい顔)


<作り方>

Cちょっと火を強めて肉団子を転がしながら表面にうすく焼き色を付ける。

D合わせ調味料を入れて一煮立ちさせる。
 
 ※弱火にして、ここで味見をしてください。
  肉の味と合わせ調味料の味がブレンドされるし、
  肉に調味料が吸い込まれるので、
  味が足りないって思う場合があります。
  お好みで足りなそうな調味料を少し足してみてね。

E中〜強火にして水溶き片栗粉を半分加え、
 竹ヘラやしゃもじなどでフライパンの底をなでるようにしながら
 急いでよく混ぜ合わせる。

肉団子4.jpg
 
 ※金属製のものを使うと、混ぜる衝撃で肉団子が壊れることもありますから
ご注意を。

 ※片栗粉は加熱により固まる性質がありますから、
  フライパンの表面から固まって張り付いてきます。
  放っておくと焦げるしダマになるので、
  ここは頑張って急いで混ぜてください。

Fタレが硬めの方が好きな方は、水溶き片栗粉を追加で全部入れてください。

 ※艶よく仕上げるポイントは、強めの火で一気に加熱することです。

Gよく混ぜ合わせてできあがり。


これは、水溶き片栗粉を全部入れたときの様子です。

肉団子5.jpg

甘辛団子のタレくらいの硬さです(笑)



肉の脂を拭きとってあるので
さめてもおいしくて、お弁当にも便利ですよ。

是非お試しくださいね揺れるハート



さてさて

なが〜いこと続いたひき肉シリーズですが、
こんなところで終了しようと思います。

次は何にしようかな???


それじゃまたね手(パー)わーい(嬉しい顔)



ひき肉を使った料理レシピ6(簡単肉団子)

mamにとってイチオシのひき肉料理といえば肉団子ハートたち(複数ハート)

なんか、小さい頃から大好きなんですよねわーい(嬉しい顔)


ハンバーグはほとんど作らないけど、肉団子はよく作ります。
いつも大きいフラパンにいっぱい(笑)


肉団子だけだとイマイチだと思うけど、
mamは甘酢ダレをからめて仕上げるので
作り置きしても味がしみていてとってもおいしいです。

冷凍してストックも出来るしとっても便利ですよ。

(あ、ちなみに、ロールキャベツも冷凍ストックできます 手(チョキ)



<材料>
万能肉ダネ・・・250g分
        作り方は「ひき肉を使った料理レシピ3」を参照してください。
合わせ調味料(あらかじめボールに全部入れてよく混ぜておく)
 水・・・・・大2
 酒・・・・・大1/2
 酢・・・・・大1
 みりん・・・大1
 砂糖・・・・大2
 ケチャップ・大2
 ソース・・・大1(ウスターでもとんこつでも可)
 オイスターソース・・大1/2(これがポイント。絶対使ってください)
水溶き片栗粉
 片栗粉・・大1
 水・・大2


<作り方>
@フライパンを熱し、サラダ油をすこし引いて
 万能肉ダネをお団子にしながらフライパンに並べる。
 
 ※片手でにぎる感じで団子にするといいです。
  自信のない方は、あらかじめ両手でお団子にして置くと安心ですね。
  
 ※張り付かないように間隔を少しあけてくださいね。

肉団子1.jpg

Aフライパンに蓋をして肉の色が変わるまで弱火でじっくり火を入れる。

肉団子2.jpg
 
 ※フライパンに蓋が付いていない場合は、大きい鍋の蓋を代用してくださいね。

B表面の色が変わって、さわっても崩れない感じに固まったら、
 にじみ出てきた脂をキッチンペーパーでふき取る。
 
 ※これでかなりのカロリーオフになりますし、
  ひき肉の臭みも取れるので、面倒がらずに是非やってください。

肉団子3.jpg

また長くなるので、今日はここまでわーい(嬉しい顔)


See You手(パー)

2007年11月11日

ひき肉を使った料理レシピ5(簡単ロールキャベツ)

さあ、今日は仕上げまで行きますよ〜わーい(嬉しい顔)


ひき肉を使った料理レシピ4からの続きです。


<作り方>
C大体やわらかくなったら、芯などの硬い部分を残し、
 葉の部分を取り出す。

D火を中〜強火にして、スープがぐつぐつしているところへ
 Aで丸めた万能肉ダネのお団子をそっと入れる。
 ※必ずぐつぐつと煮立ったところへ入れてください。
  おいしく作るポイントです。

ロールキャベツ1.jpg

Eお団子を全部入れて再沸騰してきたら、火を弱めて煮込む。

ロールキャベツ2.jpg

Fしばらくすると、表面にベージュ色のアクと肉の脂が
 沢山浮いてくるので、これをなるべくきれいにすくい取る。
 ※全部は取りきれませんので、気の済むまで取ったところで
  やめてくださいね。

 ※キャベツの葉っぱがあると、このアクと脂が取りにくいので
  面倒でも一度外に出してくださいね。

ロールキャベツ3.jpg
 
GCで取り出しておいたキャベツの葉の部分を戻し、
 キャベツがひたひたになるまで水を追加する。

ロールキャベツ4.jpg

H塩を加えて、キャベツがくたくたになるまで弱火で煮込む。(15分くらい)
 ※このとき、中身をかき混ぜないでください。
  肉団子が崩れてしまいます。
  塩などを加えて混ぜたいときは、鍋の取っ手をしっかり持って 
  鍋ごとゆすると中身が混ざります。

Iスープの味見をして、足りなければ塩をひとつまみ追加、
 鍋をゆすって混ぜ合わせ、また味見をする・・・
 という具合に、塩加減をして完成です。



ハイ、これがmam特製 簡単ロールキャベツです。

ロールキャベツ5.jpg

・・・ロールしてないけど、味は同じですあせあせ(飛び散る汗)

キャベツと肉を交互に重ねて煮込むやり方も見かけますが、
お肉はお団子にした方が見た目がかわいくていいかなって思います。


簡単るんるんおいしいるんるん食べやすいるんるんので、是非是非お試しくださいね。



次回、万能肉ダネのアレンジをもう一品紹介しますわーい(嬉しい顔)


See You手(パー)





 






2007年11月10日

ひき肉を使った料理レシピ4(簡単ロールキャベツ)

ひき肉を使った家庭料理といって思い浮かぶのはどんなお料理ですか?



うちのdadは、
「彼女にするならロールキャベツが作れる女性」
っていうキャッチな言葉を聞いた耳ことがあるとか。


へ〜 そうなんだぁ目

うちの家族も大好きなので、mamも作りますが、
ロールキャベツってのは、キャベツの扱いがちょいと厄介なんですよねあせあせ(飛び散る汗)

料理の本では、「キャベツの芯をくりぬいて丸ごと茹でてから使う」って
書いてあることが多いけど、それってどうですか?ふらふら

最近のキャベツって、玉がすごく大きいし、
まるごと入れられるお鍋なんて・・・ 
第一、そんなに沢山作っても・・・ねぇたらーっ(汗)


めんどくさいなんて思っちゃったら、お料理なんて作れないじゃないですか?

だからmamは自己流でめんどくさくない方法に変えてみました手(チョキ)



キャベツをざくざく切って、ひき肉団子と一緒に煮込んじゃうの。

味は普通のロールキャベツと一緒でするんるん


これなら丸ごとのキャベツの葉っぱじゃなくても作れるし、
手間も大幅に省けるので
少人数のご家庭や、毎日すごく忙しい方でも作りやすいと思いますわーい(嬉しい顔)


<材料>
万能肉ダネ・・・ひき肉量として250g分
        作り方は「ひき肉を使った料理レシピ3」を
        参照してください。
キャベツ・・・・1/4カット分くらい
コンソメもしくはブイヨン・・・固形なら2個、顆粒なら10gくらい。
塩・・・・・・小1
水・・・・・・適宜
ローリエ・・・1枚(これはひき肉独特の臭み消しの役目で、
           入れるとホントにおいしいです)
パセリもしくはバジル・・・お好みで少々


<作り方>

@「ひき肉を使った料理レシピ3」を参照し、万能肉ダネを作る。

A@を食べやすい大きさに丸めてお団子を作る。

Bキャベツを大きめにざく切りする。
 葉の芯部分の硬いところは、葉と分けて小さめに切るとよい。

C鍋にBとキャベツがかぶるくらいの水、コンソメ、ローリエを
 入れて強火にかける。

D沸騰したら弱火にし、葉の部分がやわらかくなるまで煮る。
 (5分くらい)


なんか、長くなっちゃいそうなので、今日はここまでにしときますあせあせ(飛び散る汗)


次回もお見逃しなく揺れるハート

2007年11月09日

ひき肉を使った料理レシピ3 ハンバーグ(万能肉ダネ)

さて、玉ネギは切れましたか?わーい(嬉しい顔)

切れたら本題の ハンバーグ(万能肉ダネ)の作り方に入りましょう。


<材料>
 ひき肉・・・・250g(他の料理にアレンジする場合、
             豚肉の割合の高いものの方がいいです)
 玉ネギ・・・・小1/2(ひき肉を使った料理レシピ2の要領で
             みじん切りにしてください)
 卵・・・・・・M1個
 砂糖・・・・・大1/2
 塩・・・・・・小1/3
 ごま油・・・・小1/2
 片栗粉・・・・大4

 ※普通、つなぎにパン粉を入れるのですが、mamはパン粉の代わりに
  片栗粉を沢山使います。
  こうするとやわらかくて弾力のある仕上がりになりますよわーい(嬉しい顔)


<作り方>
@ボールにひき肉、砂糖、塩、ごま油を入れ、しゃもじでよく練り混ぜる。
 ※砂糖と塩は粘りを出すための役目があるので、是非入れてください。
 ※ごま油は風味付けです。

肉ダネ1.jpg

Aこのとき、手を使って混ぜると手の熱が伝わり、
より粘り気が出る。(今回は最後までしゃもじを使っています)
 ※手を使う際は、爪ブラシなどを使ってよくよく手を洗ってからにしてね。

肉ダネ2.jpg

B玉ネギのみじん切りと片栗粉を入れ、玉ネギ一粒一粒に片栗粉をまぶしつける。
 こうすると、片栗粉が糊の役目をするので、玉ネギが肉によく馴染みます。

肉ダネ3.jpg

CBを肉と混ぜ合わせる。

肉ダネ4.jpg

D大体混ざったら卵を入れてよく混ぜる。

肉ダネ5.jpg

E完成品exclamation

肉ダネ6.jpg



これを小判型に形成すればハンバーグです。

最近は、ミニラグビーボールみたいな形にして、
爆弾爆弾ハンバーグ」なんて呼ぶ
お店もありますよね。



<焼くときの注意点>
 肉ダネを形成したら、冷蔵庫で寝かせます。
 よくよく冷やしてから焼くと、じゅわ〜っと肉汁の出る
 おいしいハンバーグぴかぴか(新しい)になるそうです。
 (これは、かつてプロの料理人だった方から教わりましたるんるん



ね、簡単でしょ?


この万能肉ダネを使って、いろんなお料理にアレンジすることが出来るんです。


そんなわけで、次回からはmamがよく作るアレンジ料理を
ちょこっと紹介しようと思いますわーい(嬉しい顔)




お楽しみに揺れるハート



See You手(パー)わーい(嬉しい顔)