" />

2014年04月30日

アレルギーっ子の中食(加工食品を上手に使うコツ)

手作りの食事がいいのはわかっていても、毎日のこととなると出来合いのものにだって頼りたくなります。

なんでも食べられる子なら「かあちゃんは今日忙しいから、夕食はこれ食べてね」と、買ってきたものを食べてもらうことも出来ます。
とっても便利でありがたいです^^

でも、うちの次男のように、卵アレルギーでアナフィラキシーを起こすようなアレルギーっ子には、加工食品は大変危険な食べ物のことが多いので、ほんとうに気をつけなければなりません。

スーパーの陳列棚に並んでいる加工食品の90%くらいが食べられないなんて、普通はありえないことでしょう。

食べてみたいものを見つけると
「これ、僕は食べられる?」
と私に聞いてくる息子に、
「これは食べられないんだよ。別のを探そう」と言うしかないことが多くて
私もとてもつらい思いをしています。

息子が「食べてみたい」と思っているものはたくさんあります。
その一つがラーメン。

だけどラーメンの原材料には大抵卵が使われているのです。
上に乗ってるゆでたまごだけじゃなくて、なると、ハムなどの原材料として卵が入ってしまっていることが多いからです。

ところが!
あったあった♪
コンビニのラーメン♪

RIMG3693

続きを読む
posted by mam at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食物アレルギー

2014年04月24日

食情報の勘違いを正す活動をしています。

食べることが楽しみの方って多いですね。

何を食べるかなんてその人の自由。
とやかく言うつもりなんてありません。

だけど、栄養士として、情報だけはお伝えしたい。

「栄養のとり方」には科学的根拠に基づいた基本形があります。
基本を知らないで勘違いの食べ方をしている人のなんと多いことか。

料理研究家や献立を作る人だけが栄養士じゃありません。
大切な人が元気でHappyに過ごすために「何をどれだけ食べたらいいか」を伝える栄養士もいます。

続きを読む
posted by mam at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 栄養学

2014年04月22日

高齢化社会問題に本気で取り組む活動を始めました。

もう、待った無し。どうするつもり?高齢化社会問題。

「どうやって介護するか」より、「どうしたら要介護にならないか」を伝えた方が、日本全体の幸せ度が格段に上がると思っています。

今まで「年のせいだから」とあきらめられていたカラダの痛みや動きにくさの数々。
メンテナンスでずいぶんと楽に過ごせることがわかってきました。

高齢者のカラダメンテナンスとは「カラダの機能を長持ちさせる」ためのものです。

要介護になってからリハビリや治療をするのでは手間も費用もかかります。

要介護になる前に自分でケアできることを伝える
その結果、元気で幸せな人が増えるとしたら…
メリットは図りれません。

行政を動かすのは難しいけれど、私一人でもできることはあります。
世の中に文句を言う前に動いてみたい。
ということで、まずは北本市から市民活動を開始♪
RIMG3791
RIMG3790

昨年度、北本市で開催されている市民学苑にて市民教授登録を行い、カラダの内側(栄養)と外側(動き調整)からのメンテナンス方法の講座を開きました。
(講座内容やアンケート結果などはこちらの記事をご覧ください)
http://ofukurojuku.sblo.jp/article/81354363.html

元気で過ごすための食べ方に詳しい栄養士とトップアスリートのボディメンテナンスを得意とする治療家の技をコラボレートした本格的なカラダメンテナンスは珍しいと思います。

受講された方々から「出会えてよかった♪」と言って頂けたのが、一番の喜びでありました。
それならば、この情報をもっとたくさんの方に知ってもらいたい。
そして、みんなで幸せな高齢化大国日本を作りたい♪
と思っています。

今年はさいたま市でも「100才まで自力で歩きたい人のためのカラダメンテナンス講座」開催しようと計画中です♪

ご興味のある方、出張講座もお受けしています。
K7”HP(http://hashio.jp/) からお問合せくださいませ。

2014年04月19日

誰にも分かってもらえないカラダの違和感に取り組んでます

誰にも分かってもらえないカラダの違和感。
今まで受けた治療がなんか違うんじゃないかと腑に落ちない。

そういう方のサポートをしてます。
ずっと気になってる違和感、誰にも分かってもらえないからどうしようもない。

そうでしたか。それはお困りでしたね。
でも、もう大丈夫♪ ご安心下さい。
K7”は、そんな誰にも分かってもらえない気になる違和感を解消するために日々取り組んでます♪

本日解決した症例。
「腸脛靭帯が疲れる」。

※腸脛靭帯とは腸脛靭帯とは太ももの外側にある骨盤から膝にかけての靭帯

はっ?
なにそれ… 意味分かんないし…

って思う人は読み飛ばして下さい。

えっ!
そんなことできんの?

という方、おカラダのあちこちにいろんな気になる違和感をお持ちなのではありませんか?

そういうの、どこでも治りっこないって思ってるでしょ?

確かに。
それは、マッサージしたって電気をかけたって、矯正したって、テープで固定したってどうにもならない。

でも、K7”のボティチューニングなら、解決できます♪

どんな違和感でお困りですか?

定期的にチューニングをお受けいただきさえすれば
たいていのことは解決できますよ^^


Body Tuning Labo K7"はこちら

2014年04月18日

腱鞘炎でお困りの方はいますか?

どこへ行ってもなかなかよくならない。

女性は男性よりもカラダの具合が悪くなるものです。
これは、生理現象だからしかたない。
私自身、若い頃からあちこちの痛みに悩まされて、どこへ行ってもよくならなくてほんとに困っていました。
だからね、どこへ行ってもよくならない痛みや不具合を解消するために良い手立てはないかって、いつもいつも考えて情報収集しています。
そして今は、治療院を開いているんです。
カラダの痛みや不具合で困っている人のお役に立ちたいので、このブログでも情報提供をしてゆこうと思います。

なにしろ、「女性が元気な国は栄える!」と言われていますから
日本女性が元気でいられるようにサポートすることもまた、私の大切な使命だと思うので。

そんな訳で
「どこへ行っても良くならないカラダの痛みはK7”でお受けします」

さて、今日は腱鞘炎トリートメントの機械のご紹介。



MC腱鞘炎.gif

吸引ローリング療法

腱鞘炎って、なったことあります?
痛いんですこれ。
指とか、手首とかね。

ほんと、すごく痛いんですよ。

いつも痛いんじゃなくて、使うと「ズキっ!」「痛っ!!」ってタイプの痛み。

だけど、直感的に「電気かけたって湿布貼ったって治らない」と思う。
だから、しょうがないけどあきらめるしかないって思う。

そんで、ひたすら耐える。

私もそんな痛みに長いこと耐えていた一人です。
でも、この機械に救われました。

「吸引ローリング」っていいます。
カナダ製の機械です。



ふつう、マッサージってのは、「皮膚を上から押して血行を良くする」のですが、この機械は、吸引力で「皮膚をやさしく引っ張りあげて皮膚と皮下組織の間に隙間を作る感じで血行を良くする」のが特徴です。

吸うの?
じゃ、掃除機使えば?
ってよく言われます。自分でも「そうだよね、掃除機で行けるかも?」と思ったもので試してみましたが、掃除機ではうまく皮膚を吸い上げられませんでした^^;

ハハハ…

あ、話を戻します。

腱鞘炎は、痛みのある場所の皮膚の下が他の場所と違う感触を持っています。どうやら、腱鞘炎のところの皮膚がひきつれているせいで痛くなっちゃう感じ。
これ、触っても異常はわからないし、実は見た目にも分からない。「隠れひきつれ」ってやつですね。

だけど、吸引ローリングを使うとわかっちゃう。
関節だろうが、指の横っちょだろうが、機械を使えばどんな場所でも同じ力でまんべんなく皮膚をトリートメントできるのがいいのです。
吸引ローリングでひきつれている部分を見つけながら、トリートメントを行うと、隠れていたひきつれ感も取れてきて、あんなに痛かった痛みも楽になっていくんです。

施術がすんで動かしてみると

あ、動かしやすくなった。
あれ?痛くない。あれぇ?

そんな感じ。

吸引ローリングにはヘッドの大きさがいろいろあって
指の先から肘、腕全体、どんな場所でも施術できるようになってます。

腱鞘炎でお悩みの女性、
それから、音楽家の方。

音楽家の方で腱鞘炎って結構いらっしゃるんですよね。
プロの方なんか、ほんとにお困りじゃないですかね。

一回じゃ全部を良くすることは出来ませんが、それでも遠くからお越しいただくだけの価値はあると、ご好評いただいています。

3回くらいでほんとにびっくりするくらい良くなる方が多いです。

※ 平日午前中のみご利用いただけます。

★ 治療院K7”はこちら ★

2014年04月15日

老化現象だとあきらめないで

人の体はだんだん老化していきます。
それは仕方のない事だし、止めることなど出来ません。

高齢化社会をどう乗り切るか?

誰もが心配していることです。

介護施設は建設ラッシュ。
地元にもあちこちに老人介護系の施設が建っています。

でも、箱を作ればいいってことじゃない。

誰だって、自分の足で歩いていたいし、自分のことは自分でやりたい。
寝たきりになりたい人なんていないでしょ?(多分…)

これからの高齢化社会は、「介護をどうするか?」ではなく、「どうしたらなるべく介護者をださないようにできるか?」ということをみんなで考えて、実践していく必要があると、私はいつも思っています。

私どもはボディメンテナンスの専門家。
そこで、地域のみなさまに、来るべき高齢化社会を少しでも暮らしやすいカラダでお過ごしいただけるように、60代からのカラダメンテナンスメニューをご用意しました。
RIMG3777

続きを読む

2014年04月14日

カラダの痛みで困っている人を本気でサポートしたいから店舗リニューアル♪

さいたま市の大宮に接骨院を開業して13年あまり。

カラダの痛みにお困りの沢山の方にご利用いただいてきました。
接骨院の保険治療の範囲でできることは限られていて、「もう少しこうしたらもっとずっと早く良くなるのに…」と思っても、なかなか思うようにはアプローチできないことも多いのが現状でした。

そもそも、私たちは業界の人間じゃありません。
よそ者だからこそ、「みんなそうするけど、それって変じゃない?」
ということが沢山あったのです。

なんで?
おかしいよね?
じゃあ、どうするのがいいのかな?

そうやって、小さな疑問一つひとつを解消しながら、コツコツと自分たちのやり方を見つけてきました。

そしてこの4月。
「業界の常識に囚われず、私たちのやり方で、困っている人を本気で助けたい!」と、店舗をリニューアルしました。

1404labo1

続きを読む
posted by mam at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ