" />

2014年03月24日

受験が終わりました

思うところがあって、国家資格を取りたくなり、昨年より勉強をはじめました。
働きながら、家事も子育てもほとんど一人でこなさなきゃいけないとなると、必然的に勉強時間は限られてきます。

保育園児の息子に「本を読んで」と頼まれたり、「一緒に遊ぼうよ」と誘われたり、たまの休みに「遊びに行きたい」とせがまれるのを申し訳なく思いながらも、「ごめん、勉強したいから」と、自分のことを優先させてしまったけれど、子供ながらに私を応援してくれていたのはとてもありがたいことでした。

試験前日の夕方、あと少しここまで終わらせたい…と、夕食の時間を遅らせてまで机に向かっていた私に
「ママ、おやつ食べたい?」とフルーツグラノーラを小鉢に入れてスプーンまで添えて持ってきてくれた息子。
写真 (1)

その優しい気持ちだけで、頑張る力が湧いてくるぅ〜♪

夜、「ママ、何時に起きるの?目覚ましかけといてあげる」
という息子に目覚まし時計のセットをお願いして寝たんです。

試験当日の朝早く私の目覚まし時計が鳴ったすぐ後に、息子のウルトラマンの目覚まし時計も鳴りました。

わたしはウルトラマン
寝坊助な君を起こしにやってきた
ピコッピコッ しまったっ! ジュワッ(宇宙に飛んで行く時の声)
ピコッピコッ 時間がないっ!ジュワッ
ピコッピコッ 早く起きるんだ!ジュワッ

あ〜 私と一緒に起きようとしたんだなぁ…
なんか、嬉しい。

そんな息子の気持ちに送り出してもらって受験会場入りしたら…

あれ?あたし、一番乗り?!
写真

縁起がいいってか、
それだけで合格しちゃった気になっちゃって♪

試験は朝9:30〜夕方4:20まで。
みっちり頭を使った一日で、とにかくなにしろ
「もうこれ以上頭使えない」
って思ったくらい、頭使いました^^;

結果発表は5月。
取り敢えず終わりました。

試験終了後、仕事関係の仲間たちにお誘いいただいて、久しぶりに楽しく夜遊び♪

さて、しばらく受験勉強のことは忘れて、次のやるべきことをやらないと。
やりたいこともやるべきことも後から後から湧いてきますんで。

留守番家族や離れている家族、仕事関係の仲間や、数少ないママ・パパ友たちみなさんに応援してもらって、自分のやりたかった大仕事を一つ終らせることが出来ました。

ほんとに応援してくれてありがとうございました^^

受かってたらほんと、万々歳なんだけどね^^;




長かった受験勉強の日々を振り返り、「受験勉強ってのはどういうものか?」を、来年高校受験する息子にリアルで伝えることが出来るかあちゃんも少ないだろうなと思いつつ、自分をねぎらうかあちゃんでありました^^


さて、ずう〜っと我慢してた映画見よ〜っと♪
それから、ずう〜っと我慢してた本読も〜っと♪
それから、それから、それからねぇ〜〜

…自分へのねぎらいはいつまで続くんだろう(笑)
posted by mam at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学び

2014年03月20日

ホワイトデーに手作りクッキー

昨年、中学生の息子が言い出しました。

「ホワイトデーのお返しにさぁ クッキー焼こうかな。かあちゃんのチョコチップクッキーがいいな。あれ美味しいもんね。」

そうして初めて焼いたクッキーに自分で感激♪
「うわっ うまっ! すげ〜っ!」

初めて焼いたとびきりのクッキーを友達に振る舞った息子。
今年も「チョコチップクッキー」を焼きました。

それを見ていた、保育園児の息子も
「僕も作りたい♪」と。

そして二人で仲良く共同作業。

RIMG3703

面倒くさがりの中学生がクッキーをざっくり袋詰めし、それを
手先の器用な保育園児が飾りと封をして仕上げてるってのが
うちの凸凹コンビってところで、ほんわかうれしい光景です。

 

中学生の息子が作ったピーナツバター入りチョコチップクッキー
RIMG3707

保育園児の息子が作ったチョコチップクッキー
RIMG3706

それぞれの個性が出てるなぁ

手作りって不思議ですねぇ。

かあちゃんのオリジナルレシピなんだけど、なぜか作った人で味が変わる。

かあちゃんが作ったのより、君たちが作ったほうがめっちゃ美味しかったよ。

この子たちを離れて暮らすおじいちゃんとおばあちゃん、それからいつもお世話になっている方へおすそ分け
RIMG3711

みんなにびっくりするほど喜んでもらえて、
なんか、「いいことしたな」とほっこりうれしいかあちゃんでした。

posted by mam at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子作り

2014年03月07日

声のかすれが3ヶ月間治らなかった理由

3ヶ月以上も続く声のかすれが気になって、
病院へ行ったらさあ大変あせあせ(飛び散る汗)

このままでは声帯が危ないところでしたがく〜(落胆した顔)

「カラダのケアは大事だよ!」って情報を発信してるのに、自分のカラダがケア不足じゃ仕方ないですね。セカンドオピニオン?に行ってよかった揺れるハートというお話です。


昨年12月中頃にジャム作り講習会の講師をして3時間大声でしゃべり続けた私の声が出なくなってから、かれこれ3ヶ月経ちましたふらふら

まだ完全に治っていなくて、心配だったんです。

ちょっとしゃべり過ぎると声がかすれちゃうし、高い声を出そうとすると声が出なくなるし、そんな時は喉のくぼみ辺りに鈍痛があるし…

続きを読む